読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coocoedit -手帳につづる育児絵日記-

クーコ(娘・2014/11生まれ)の成長を綴った絵日記を載せてゆくブログ

1歳7ヶ月 はじめての一時保育(半日)

1歳7ヶ月 絵日記

 

https://www.instagram.com/p/BISV1ACjl_n/

一時保育デビューの日のこと。
ほんとは小さいうちに預け慣れさせたほうがよいと聞いていましたが、フルタイム仕事じゃない&在宅なのに預けるの…?という気持ちと、預けなくても頑張ればなんとかなるかなあという気持ちがあって、なかなか仕事を理由に預けられずにここまできてしまいました。

今回は断乳後のケアに助産院にいくことになり(4月に断乳したので、だいぶ放置したうえでのケアですね…)、飲むことはなくなったけどまだまだ乳好き(寝るときに触ったりします)な娘を連れていくのはちょっとなあ…ということで保育デビューを決意しました。

預け先は近所の認証保育園で、仲良しのお友達も通っているところ。
私たちも園の飛び入り参加OKのイベントにお友達つながりで参加したことがあったりして、保育士さん方も娘の顔を知っていてくれているところでした。

たった半日ですけど、書類を書いたり持ち物に記名したりして、いろいろ準備があるんだねえと知りました。オムツって名前書きづらくないですか…だからハンコがあるんだね…。

 当日の朝は物珍しく思ったらしいレギュラーメンバーの子どもたちにわーっと囲まれて遊ぼう遊ぼうと誘われ(ありがたい)、保育士さんが目隠しになってくれている間にささっと保育園を出てきて事なきを得ました。

と思ったら15分後、登園した友だちを見るなりわーっと泣いてしまって(知らない中に知ってる顔があらわれたので我に返った?のでしょう、と保育士さん談)、抱っこしてもらってもなかなか泣きやまなく。
母友が「あ、娘ちゃんはすべり台好きですよ!」と保育士さんに伝えてくれ、すべり台とボールプールを出してもらってやっと泣き止んだそうです。母友ありがとう。
偶然にも我が家のすべり台と園のすべり台が同じものだったので、それもよかったのかな。


 そのあとはほぼ泣かずに、しっかり昼ごはんも完食してお迎えの時間になりました。
私も少しひとりの時間がもてて、なんとなく違和感のあった乳もすっきり絞ってもらって、再会したときは親子でニコニコしていました。
(迎えにいったら泣いちゃうかしらと思ったらゆっくりこちらに歩いてきて、肩のあたりをつんつんして様子をみていたのが可愛かったです)

 
で、助産師さんいわく、乳をさわるクセのある子の場合はその刺激で今も乳が作られてしまうので、来月もう一回絞りましょうと。娘よ来月も頑張ろうね…。
まあ乳以外の理由でも不定期に預けてみようと思います。保育園の空きがあれば、ですが。